So-net無料ブログ作成

逸見政孝借金12億円

[スポンサードリンク]



逸見政孝借金12億円の真相

平成教育委員会などで人気だった逸見政孝アナウンサーが12億円借金したままガンで亡くなられ、家を建てるための12億円もの借金を逸見政孝さんの妻や子供が必死に20年間返してきたそうです。

世間の目は家と一等地の土地を売れば、お金も残るしどうせお金持ちじゃないかと冷ややかな目で当時見られていました。

けれど、逸見政孝さんの妻は家を絶対に売らないと決心されていました。

それは、40代で亡くなられた逸見政孝さんの成功した証明である家を残したいと思ったからだそうです。
しかし、専業主婦だった逸見政孝さんの妻は12億円もの借金を返すあてはなかったのです。

高校生だった息子さんも家を売ろうと言っていたそうですが、何としても自力で12億円の借金を返して家を残したいと奥さんは考えられていました。

けれど、逸見政孝さんの妻も子宮けいがん 血液のがんに侵されどん底の生活だったようです。

そのどん底をチャンスに変えて、逸見政孝さんと自分自身のがんの闘病を本にして講演活動を行い、社会人となった息子と娘さん

借金の返済だけでなくて生命保険を月に10数万円払っていたそうです。

それで、奥さんが2010年に亡くなられた時に生命保険が支払われて借金が完済したそうです。
息子さんと娘さんの未来をつぶしたくないという母の気持ちから頑張っていたそうです。

娘さんいわく逸見政孝への気持ち、12億円の借金を返すという気持ちあったから闘病生活に耐えて生きてこれたんだろうと。

12億円の豪邸の表札は今でも「逸見政孝」だそうです。






共通テーマ:テレビ
サプリメントダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。